HOME > 姿勢改善コラム > アーカイブ > 2019年10月

姿勢改善コラム  2019年10月

【FLOWIN】(背中)ソラシックエクステンション&フレクション

【効果】 「背骨を曲げ伸ばしすることで、背骨の動きを改善させるトレーニングです。腰痛の改善に効果的です✨」 【ポイント】 胸の前(胸椎の屈曲・伸展)をそらして肘を伸ばし、背中を丸める様に戻してくる。 お尻の位置が変わらないようにする。

【FLOWIN】(お腹)フローアウト

【効果】 「肩の力を使って上半身を安定させながら、お腹の力で体幹を安定させるトレーニングです。肩こりの改善やポッコリお腹の改善に効果的です✨」

やる気が起きない原因とは?

朝からなんかやる気がない。人より長く仕事ができない。そんな日は多くないですか?

 

結論から言うと、

 

今回は「特定の運動」をすることで精神疲労の改善に繋がるという話です。明日からの運動習慣で、これからは「しんどい」なんて口にできなくなってしまいそうですよ。

 

精神が疲労する原因

 

メンタルが疲れる・・・。その原因は、

 

すでに疲れやすい身体である。

 

という可能性があります。どういうことか説明しますね。

 

普段から習慣的に運動することがない人は、体力が落ちてしまう傾向があります。

 

詳しくは前回の記事「20代の体力を保つアンチエイジングとは」にまとめておりますので、是非参考に。https://www.crown-studio.net/column/entry/20/

 

体力が落ちてしまうと、筋肉が身体を維持する力、筋持久力が下がることにもつながります。

 

では、

 

筋持久力が落ちるとどの様なことが身体におきるのでしょうか。

 

持久力低下が身体にもたらすデメリット

 

持久力とはウォーキングやランニングなど、

 

言い換えると、有酸素運動のときに使われます。そして、有酸素で身体を動かす燃料となるのが「ブドウ糖」です。

 

ブドウ糖が脳内に沢山使われることで、身体を疲れさせる、疲労物質の分泌増えます頭を使うと眠くなる。」という現象はこの作用が原因となっているのです。

 

また、

 

疲労物質はドーパミンという、身体にやる気を出させるホルモンの分泌を抑える効果があるのです

 

つまり、

 

身体がすぐに疲れてしまう人ほどブドウ糖が多く必要となるので、疲労物質が多く分泌され、やる気を出しにくくしているということです。

 

根本の原因である「疲れ」を溜めにくくする為の運動方法としては、心拍を大きく上げる。心臓に負荷をかけるトレーニングがおススメです!
 

HIIT)と呼ばれる激しい運動やスプリントタイプの運動など

 

今回はやる気がおきにくい人が行うべき習慣についてお話させていただきました。



 

今回のまとめ

 

・精神面が疲れる原因は疲れやすい身体であるということ

・身体が疲れていると、やる気ホルモンの分泌を抑えてしまう

・激しい運動を習慣化することで筋持久力が改善できる

 

こういった内容をお伝えしていきました。

 

今回の内容で精神疲労や仕事疲れに悩む方の助けになれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


むくむ原因と改善方法

顔や脚がむくみやすい。むくみで身体が太く見えてしまう。そう感じたことはありませんか?


 

「水を飲むと身体に水分がたまるので、摂りすぎには注意しています。」という方は要注意です。
 

今回は、意外と知らないむくみに対する落とし穴・対策方法について詳しくお話ししていきますね。

 

水を飲まないとむくむ理由



 

なぜ水分が足りていないとむくむのでしょうか?
 

それは
 

身体の中の状態を常に一定に保つという身体の性質があるからです。
 

水分が身体に入ってこなければ、今ある体内の水分を外に逃がしにくくなってしまうことが考えられます。
 

つまり、
 

水分を摂らないと水をためやすい身体になってしまい、排出しないといけないはずの水分まで身体に残るのでむくんでしまう。
 

ということがおこります。
 

では、そもそもむくみをおこしている原因は何なのでしょうか?

 

むくみの原因



 

身体がむくんでいる原因となっているのは、ストレスが大きく関わってきています。
 

ストレスによって体内のホルモンバランスが乱れ、その乱れによって身体が水分をため込もうとするのです。
 

つまり、
 

ストレスによって身体からストレスホルモンが分泌され、血行が悪くなります。それでも身体は一定の状態を保とうとするため、結果的に水分を身体に残すことで均一にしようとするのです。
 

また、
 

むくみは精神面のケアだけではなく、肉体面のケアも必要となります。
 

筋肉量が少ない人は血流量が減ります。それにより血行不十分となるので、むくみがおこります。筋肉を減らさないためにも、運動を続けることは大切となるのです。

 

今回は身体がむくむ原因と対策についてお話させていただきました。

 

今回のまとめ
 

・水分が不足すると身体は水分を溜め込み、一定を保とうとする。

むくみの主な原因は肉体的、精神的なストレスによるもの

・運動をすることで、筋肉が発達し、血行が良くなる

・運動することによりストレスホルモンの分泌が抑えられる
 

こういった内容をお伝えしていきました。

 

今回の内容でむくみに悩む方の助けになれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


1

« 2019年9月 | メインページ | アーカイブ | 2019年12月 »